高い合格率94%の4つの秘訣+1

+1の秘訣 5名限定特別クラス 徹底個人指導!!

4つの秘訣に加えて、密着した徹底個人指導を強化し、行っています。研究の結果指導者が一番効果的に指導できるのが、5名に限定した指導でした。
学生1人1人の成長と飛躍を見守りながら指導のタイミングを逃しません。入学試験を考える時、個人の育成だけでは他の人との実力の差や、大勢の中で制作する雰囲気に不安を感じる恐れがあります。そのような場合に備えて、科全体での共通授業や、両学院での入試模試等を行います。タイミングを計りながら効果的に実施されます。
合格率100%に限りなく近づく事を目標にしています。
2016年、川越美術学院は合格率100%達成しました。
  1. 全ての学生に対し密度のある指導を徹底
    個人指導の密度が高く、初心者の学生から実力のある学生まで、細やかな指導が行きわたり、実力アップがはっきりと現れます。実技はもちろんのこと、精神衛生と身体の健康に至るまで、合格目標達成への綿密な指導を行い、高合格率を誇っています。
  2. あなただけの強化カリキュラム
    個性を生かしながら成長するために、見逃すことのできない必要なカリキュラムです。個人の状態によって特別カリキュラムを組み入れ、バランスよく効果的に能力が発揮されます。合格の秘訣は、苦手なものをなくしバランスをとることです。このカリキュラムはそのバランスをとるのにもっとも効果的に作用して、個性が最大限生かされた実力が養われます。当学院最大の特色です。
  3. 個人別の講評と面談で確かな方向へ
    効果的にレベルアップしてゆくために、本人の状態と実技内容を、生徒・講師共に確認、理解し合うことが必要です。その中から目標を定め、合格への確かな方向を指導します。*必要な限り、実施します。
  4. 両学院の交流が、お互いを刺激し、発展
    両学院が、交流することで効果のある実技コンクール、学科テスト、模擬試験やスポーツ大会、美術鑑賞会などを利用して、お互いの意識を高め、創作意欲を活性化させることで目標の合格へと導きます。
教職員紹介
学院長 巽 タク (東京芸術大学大学院鍛金修了)
事務長 野村 美代子  
     
指導講師 伊良原 満美 (東京芸術大学大学院塗芸修了)
  片山 貴光 (東京大学文学部東洋史学科卒業)
  冨安 由真 (東京芸術大学美術研究科博士課程美術専攻終了)
  樋詰 司 (東京芸術大学大学院油画修了)
  馬渡 和貴 (東京芸術大学大学院油画修了)
  保田 隆浩 (東京芸術大学ビジュアルデザイン卒業)
  東元 一朗 (東京芸術大学大学院塗芸修了)